« 2008年06月 | メイン | 2008年08月 »

2008年07月04日

サミット開催迫る

洞爺湖サミットの開催が迫ってきました。
札幌から離れた洞爺湖での開催なのに、首脳が宿泊するということで、札幌市中心部は厳重な警備体制が敷かれつつあります。
北は札幌駅から南は中島公園まで。
東は創成川から、西はよくわかりませんが、駅前通りか、西5丁目あたりまででしょうか。
アンタス本社があるオフィスビルはまさにその中心部にあるので、通勤時に普段と異なる様子をいろいろと目にします。


  • 創成川通りでの予行演習で車も歩行者も完全通行止め
  • 豊平区内の公園で、「開催期間中は、穏静保護指定区域につきスピーカーの使用禁止(外務省)」の看板あり
  • 開催期間中は中心部への自転車侵入、駐輪不可。創成川東に臨時駐輪場を設置(オフィスから遠い!)
  • いたるところに警官がたくさん。道外ではなぜか静岡県警が多い
  • 駅前通りに私服だけど体格がよく短髪で無線を腰につけている集団あるいは独り歩きの方がたくさん
  • ついでに、週末はきたえーるでジャニーズ「嵐」の公演があるので市内のホテルは満室

などなど。
高速道路も規制されるようですし、開催中はいったいどうなってしまうのでしょうか。
僕の大好きなすすきのは大丈夫でしょうか。
今週末は家でじっとしていたほうがよさそうです。
(あ、明日はコンサドーレを見に行くんだった。)

洞爺湖周辺の方々はもちろん、札幌市民も少し不便を強いられていますが、世界を担うえらいひとたちの安全を守るためにはしょうがないのですかね。
世界にとって、地球にとって、よい議論がなされるとよいのですが。

2008年07月03日

OSC 2008 Hokkaidoに参加しました。

6/28(土)、オープンソースカンファレンス 2008 Hokkaidoに参加しました。
http://www.ospn.jp/osc2008-do/

札幌で開催されるのが何回目かはわかりませんが、僕自身は3回目の参加となります。

去年に引き続き講演された宮原さんのXen仮想化の話もわかりやすくてよかったのですが、株式会社エストコスモ小岩さんの「レイヤ1よもやま話」が一番面白かったです。
OSI参照モデルでいうところの「レイヤ1=物理層」にこだわり、ラッキング、ケーブリングのコツについてのお話でした。

とくにケーブリングにはこだわっているそうで、美しく、メンテしやすく、熱効率をよく、ということで(その世界では常識かもしれませんが)いろいろなコツを教えてくれました。


  • 作業着手前にイメージを描く
  • とにかく時間と部材をかける。1ラックあたり8時間とか

    • 結束バンドやマジックテープをふんだんに使い、失敗したら直す!

  • 機器の排気口を防がず、結束バンドでまとめる
  • 電源ケーブル、LANケーブルの両端に物理名でタグをつける
  • 電源ケーブルとLANケーブルは一緒にしない

    • 一緒にすると電磁誘導でノイズが乗る!
       
    • ラックの右側に電源ケーブル、左側にLANケーブルをまとめる

などなど。

まとめでの「熱との戦い!」「Web2.0だなんだかんだいうけれど、レイヤ1がきちんとしていないとそもそも動かないんだよ」といったようなメッセージもカッコよかったです。
オトコらしい。
女性の方も何人か来ていたけど。
一般的なオフィスやデータセンターでの耐荷重は1平米あたり○kg、とか、マニアックな質問も楽しかったですね。
大盛況?だったと思います。

そのほか聞いたのはいまいちでしたかね。
企業としての講演は「ウチの保守をうまく使えば、ミッションクリティカルなシステムでもOSSで大丈夫ですよ」とか、「Linuxでもアプリケーションレイヤは穴ができやすいから、ウチの製品で対策したほうがいいですよ」というようなもので、知識としては勉強になりますが、実践にはあまり。。。
費用の見当も全くつかないですしね。
でも、こういった企業の講演もないと、イベントが費用面で成り立たないでしょうし。

あとは、知人たちと旧交を温める時間もありました。
エンジニアの方が大勢集まる場所は、実は苦手なのですが、それでも久しぶりにお会いする知人が何人かいて、近況報告や情報交換したりしました。
Rubyの会に参加している中学のときの同級生なんか、20年ぶりぐらいにマトモに話したような(笑)

あらゆるリソースの仮想化・分散化についての話題がもうちょっとあったらよいのかな、とも思いますが、参加費は無料ですし、いろいろ望んでもしょうがないですね。

関係者の方、毎年こういった機会を設けてくださって、ありがとうございます。
来年もよろしくお願いします。