« 2009年04月 | メイン | 2009年07月 »

2009年05月18日

LOCALインフラ部第一回勉強会 drbd+heartbeat+lvmでつくる〜に参加しました。

5/16(土)、LOCALインフラ部第一回勉強会「drbd+heartbeat+lvmで作る草食系ゆるふわ冗長化 ft レイヤ1関係」に参加しました。
主催はLOCALインフラ部ですが、財団法人さっぽろ産業振興財団 プラットフォームワークショップとの共催だそうです。

第一部の「レイヤ1よもやま話(再放送)」については、昨年のOSC 2008とほぼ同じ内容でラッキングやケーブリングなど、物理層の話題。
「自作ケーブルは使うな」
「LANケーブルの性能劣化はコネクタの圧着のところが一番影響が大きいようだ」
など、あらためて勉強になりました。

drbd + heartbeat については、実際のサービスでの使用例を含めた説明でした。
インストールと設定については比較的容易にできそうなのですが、データ同期の不整合が発生したり、フェイルオーバーが中途半端に失敗したときなど、トラブル時はやはり大変そうな印象を受けました。
とくにheartbeatに複数サービスの面倒を見させる場合。

ですが、弊社の案件でも、サーバ故障時の自動サーバ切り替えを安価に実現したいというご要望が増えているので、近いうちにチャレンジする予定です。
タイムリーといいますか、Software Designの2009/06号でもdrbd + heartbeat + lvmが特集されていますね。

講師の方々、開催に携わったみなさん、参加されたみなさん、おつかれさまでした。
ありがとうございました。
第二回も参加したいと思います。

(2009.07.03)
drdb→drbdに修正しました。恥ずかしい。