« Hyper-V詳説セミナーに参加しました。 | メイン | CentOS 5ホストのXenゲストOSとしてScientific Linux 6をインストール »

第2回JAWS-UG-Sapporo勉強会に参加しました。

4月25日(月)、マイクロソフトクラウド会に続いて、第2回JAWS-UG-Sapporo勉強会に参加しました。
Amazon Web Servicesユーザグループ札幌支部の勉強会、2回目の開催ですが僕は初参加でした。

概要は下記のとおり。
http://www.affordance.co.jp/seminar/110425.html

まず、AWSエバンジェリストの玉川さんによる最新情報や新サービスの紹介がありました。
資料は下記。
http://www.slideshare.net/kentamagawa/amazon-web-services-7711671

つい先日発表されたばかりのAdobe Flash Media Server on AWSについては、ライブストリーミング環境を短時間で調達でき、従量課金で使えるので、アクセスが大量にある&短期イベントのサイトには向いていそうです。
http://aws.typepad.com/aws_japan/2011/04/live-streaming-with-amazon-cloudfront-and-adobe-flash-media-server.html

S3 + Route 53(DNS)を使用した静的Webサイトホスティングも、シンプルなページ構成であれば便利に使えそうですね。
http://aws.typepad.com/aws_japan/2011/02/host-your-static-website-on-amazon-s3.html

続いて札幌のみなさんによる事例紹介がありました。
ピットクルー小関さんの発表にあった、「AWSの複数アカウントをまとめて一括請求にできる」のは知らなかったのですが、おっしゃっていたとおり、実績報告書でプロジェクトごとの詳細利用実績がわかるのは便利ですね。
また、コードヘッド高橋さんほか、SimpleDBを使った実験結果の報告がいくつかありました。

AWSについては、正直なところまだ検証環境としてしか使ったことがありません。
サービス単位が細かく幅広く素晴らしいと思うのですが、本番運用で使用するとなると、逆に従量課金の単位も細かすぎて見積もりしにくいと感じています。
特にDBに負荷がかかるようなシステムでは、EBSのパフォーマンスとI/O料金が読みにくい。。
札幌にも大勢いらっしゃると思われる、実際に本番運用で使用されている方から、可用性、課金、パフォーマンス、バックアップといった運用面の話が聞けるとうれしいのですが。
また機会があれば参加したいと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://antas.jp/mtsys/mt-tb.cgi/870

コメント

こんにちはー

この前見積もったときに
政治的な都合でボツったんですが結構まじめに評価してみましたよー。

Tokyo AZ のEBSの並列負荷時の素晴らしいですねえ。
dbench 10 で300MB/sくらいでしたか。

あとDBはRDS Multiple-AZを使えば
Mysqlのauto fail over効くのが素晴らしいと思いました。
RDSならばストレージのiopsとは気にしなくて良いですね。

ちなみにボツった結果自前でVMware vCenter運用することになりました

こんにちは、ひさしぶりです。
コメントありがとうございます。

「EBSの並列」って何でしょう?
EBSボリュームをたくさん使ってソフトウェアRAID?

RDSはぜひ使ってみたいですね。
あれってパラメータがチューニングされている、ていうことだけど、my.cnfは編集できるのかな?

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ANTAS(アンタス)