« 東北観光博公式サイトが正式オープンしました。 | メイン | autofsによるSambaマウントがうまくいかない »

Amazon Web Servicesを利用した中規模Webシステムの構築・運用事例について

5月16日(水)、第6回JAWS-UG札幌勉強会にて、「Amazon Web Servicesを利用した中規模Webシステムの構築・運用事例について」と題して、AWSの利用事例紹介をさせていただきました。

発表資料は以下。

技術的には難しいことはしていませんが、サーバ数がある程度あっても比較的短期間で構築できた事例として、これから本格的にAWSの導入を検討される方の参考になれば幸いです。
特にRDS Mulit-AZ構成によるDBサーバは、冗長性、メンテナンス性に優れていますので、開発・検証ではなく、本番運用で使ってこそメリットがあると思います。

発表後に情報をいただいたので補足します。

・Amazon SDK for PHPのメモリリークの件
アイレット後藤さんより、「PHPのcURLのバグ」とのつぶやきがありました。
Forumはチェックしたつもりでしたが、調査が甘かったですね。
ありがとうございます。

https://twitter.com/#!/kaz_goto/status/202702917805940736
https://forums.aws.amazon.com/thread.jspa?threadID=72310
https://bugs.php.net/bug.php?id=61030&edit=2

・物理ノード障害時のアナウンスの件
サーバーワークス羽柴さんより、「物理ノード障害は個別にメールがきます」というつぶやきがありました。
情報ありがとうございました。

https://twitter.com/#!/hashiva/status/202699719787548674


ほかのみなさんの発表やセッションも、AWS最新動向、CloudSearch, サードパーティのモニタリングサービス、お客様を促してAWSを使わせるポイント、「AWSのダメなところ」をテーマにしたセッションなど、とても勉強になりました。
別途報告したいと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://antas.jp/mtsys/mt-tb.cgi/883

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ANTAS(アンタス)