メイン

2013年03月05日

お知らせ

私稲葉は、2013年3月をもって株式会社アンタスを退職します。

お客様、同業の皆様、そしてアンタスメンバーには大変お世話になりました。
インフラエンジニアとして、多くの貴重な経験をさせていただきました。
ありがとうございました。

このブログの記事はこのまま残しておきますので、引き続きご参照ください。
今後とも、株式会社アンタスをよろしくお願いいたします。

稲葉 一紀

2012年04月06日

東北観光博公式サイトが正式オープンしました。

アンタスが、サーバ構築、アプリケーション開発の一部、運用保守を担当している「東北観光博」の公式サイトが、3月18日に正式オープンしました。

・東北観光博 公式サイト
http://www.visitjapan-tohoku.org/

僕自身も、サーバ構成の設計と設定作業を担当しました。
スケジュールが少しタイトでサーバの台数が多かったのですが、クラウドサービスをうまく利用して、無事、アプリケーション開発担当のみなさんにお渡しすることができました。
アプリケーション開発担当各社のみなさんのご協力も得られて、よいコラボレーションができたと思います。

「東北観光博」は、東北全体を博覧会場に見立て、統一的な情報発信をすることで東北地域の観光復興をはかる官民一体となった取り組みです。
公式サイトには、全28地域の観光スポットやイベント情報などが記載されています。
サイトをご覧になっていただいて、少しでも多くの方に東北に足を運んでいただけるとうれしいです。

2010年12月01日

PCがフリーズ

ここ3ヵ月ぐらい、業務で使用しているPCがフリーズする現象に悩まされていたのですが、先週やっと解決しました。

フリーズの頻度は、最初は30分に一度10秒間ぐらいだったのですが、最近は5分に一度30秒間ぐらいというヒドいものでした。
Skypeでミーティングしていても、相手に「1分のうち10秒ぐらいは無音ですよ。」って言われてしまったりして。

ThunderbirdのアドオンやExcelのアドオンを疑っていましたが、外してみても変わらず。
それで、「Thunderbird3 重い」で検索したらあっさり出てきました。
グローバル検索をOFFにして、sqliteのインデックスDBファイルを削除したら、重しが取れたようにめちゃくちゃ快適になりましたよ!
もう少しで、PCの買い替えを申請するところでした。

手順は以下。
・知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ Thunderbirdの動作が重い(1)
http://blog.browncat.org/2010/03/thunderbird3-stop-global-search.html

DBファイルのサイズは900MBもあって、ディスク容量もムダに食っていました。
「検索機能を強化」ということはインデックス作成をがんばるということですが、せめてGoogleデスクトップのようにPCがアイドルのときに動作してほしいものです。

※また、GoogleDesktopも早くThunderbird 3.xに対応してほしいものです。

2010年10月07日

IPv6ハンズオンセミナーに参加しました。

9/16(木)、17(金)と、「IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース」主催の「IPv6ハンズオンセミナー in 札幌」に参加しました。

1日目は「ネットワーク編」ということで、AlaxalAのルータにIPv6インタフェースやOSPF、BGP4+の設定を行いました
2日目は「サーバ編」ということで、CentOS 5のVMware仮想サーバを使用して、IPv6のネットワークインタフェース追加や、Apache, NTP, iptablesの設定を行いました。
いずれも、IPv4/IPv6のデュアルスタック環境です。

IPv6については「IPアドレスの桁数が多い」程度の知識しかなかったのですが、両日とも、前半にIPv6に関する基礎的かつ実践的な説明があったのがとてもよかったです。
講師が違うと説明の観点もまた違ったり。
ネットワークやサーバインフラ実務経験者を対象としているので、レベル的にもちょうどよかったです。

IPv6に対する全体的な印象としては、講師の方もおっしゃっていましたが、設定はそんなに難しくないものの、運用・管理がすごく大変そうだな、と。
とくに、IPv4とIPv6が混在する期間は。


  • IPアドレスの桁数が多く英字も交じるし、1ノード・インタフェースで複数アドレスを持つので管理が大変。
  • IPv4とIPv6は全く異なるプロトコルなので、両者とも監視する必要がある。
  • IPアドレスが潤沢にあるので、IPv4ならプライベートアドレスを使用するようなケースでもグローバルアドレスを付与するケースが増える?→セキュリティや管理面で大変。
  • ACLではICMPv6はすべて許可したほうがよい。

など。

また、サービスそのもののプロトコルをIPv6にすることと、IPv6アドレスに対応することとは異なる、というのも注意が必要な点ですね。
例えばDNSでいうと、IPv6プロトコルを用いたDNSクエリに対応するということと、AAAAレコードを返すということは違います。
(IPv4プロトコルによるDNSクエリでも、AAAAレコードは返せる。)

アプリケーション開発については、名前解決に gethostbyname() を使っている箇所があれば、getaddrinfo() を使うように修正するだけでよさそうです。

受講料は各日15,750円と有料でしたが、IPv6について基礎から説明していただけて、ネットワーク・サーバ環境を実際に触りながら確認できるという貴重な経験ができてとても有意義でした。

2011年前半にIPv4アドレスの新規発行がなくなる、と言いつつプロバイダによるIPv6環境の提供は遅れているように思います。
結局我々が構築するシステムで実際にIPv6に対応しなければならないのはいつになるのだろう、という気もしますが、アンタスでも、社内に実験環境を用意して、来るべき日に備えたいと思います。

なお、「キャリアグレードNAT、ロングスケールNATでIPv4を延命できるのでは?」という意見については、そもそもIPアドレス1個で使用できるセッション数は65,535と限られており、1PCあたりのセッション数は2,000を超える場合も多いのであまり意味がない、とのこと。
YouTubeとかiTunes Music Storeなどは裏でたくさんセッションを張って通信するので、それだけで200〜300セッションを使用するそうで、この話も興味深かったです。


IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース:
http://www.kokatsu.jp/blog/ipv4/

2010年08月20日

Thuderbird 3.1

今さらですが、Thunderbirdを2.0から3.1にアップデートしました。
3.0がリリースされてすぐのころは、検索機能を向上したせいか「遅い」という話を聞いていたのでアップデートを見合わせて2.0を使い続けていたのですが、2.0のサポートが6月で終了したのでアップデートすることにしました。

データフォーマットの変換がないのか、アップデート処理は意外と速いですね。
アドオンも3.1に対応しているかどうか自動的にチェックしインストールしてくれます。
2.0で使っていたQuote Colors, Provider for Google Calendar, Lightning, Check and Sendといったアドオンはそのままアップデートされました。

※ファイルの添付忘れをチェックしてくれるCheck and Sendアドオンは、メールの文章にあらかじめ指定した文字列を入力しただけで、メール編集ウインドウの下部に「添付ファイルを追加」ボタンが表示されるようになりました。これは便利。

Minimize to Trayはなくなりましたが、MinimizeToTray revivedをインストール。
それから、返信時のヘッダがなんだか気に要らないので、返信ヘッダを編集できるChange quote and reply fomratも追加しました。

メールヘッダに(自分)と表示されるのは、かなり気持ち悪かったのですが、
 オプション > 詳細 > 既読と表示
で、「アドレス帳に登録されている人については宛先フィールドで<メールアドレス>部を表示しない」をチェックOFFするとアドレス表示になります。

ということで、機能的には2.0のものがほぼそのまま利用でき、全体的な動作も速いようで、満足しています。

その他気づいたこと。


  • メールのPOPが速い。朝一のたくさんのメール受信がかなり速くなった。
    夏休み明けは20分ぐらいかかったので、これはうれしい。
  • 複数メールを選択したときのダイジェスト表示は面白い(かも)。
  • Googleデスクトップがインデックスを作成してくれない?これはちょっと困
    る。そのうち改善されるかな?

(2010.12.1追記)
メールの数が多い場合、グローバル検索をOFFにしないとThunderbirdやOSの動作が重くなります。
以下のエントリーを参照。

http://antas.jp/blog/ina/archives/2010/12/pc.html

2010年04月02日

つれづれ

ブログの更新が滞っている間に社内の組織変更があり、所属部署が社内外のインフラ構築を担当する「インフラ構築グループ」に変更となりました。
そのものずばりのネーミングです。

また、弊社は2月にプライバシーマーク付与の認定を受けました。
僕も社内ワーキンググループの一員として個人情報保護マネジメントシステムの運用にも関わっているので、うれしい限りです。
当社は、今後もプライバシーマーク認定事業者として、個人情報の適切な保護管理に取り組みます。

http://antas.jp/modules/news/article56.html

2009年05月18日

LOCALインフラ部第一回勉強会 drbd+heartbeat+lvmでつくる〜に参加しました。

5/16(土)、LOCALインフラ部第一回勉強会「drbd+heartbeat+lvmで作る草食系ゆるふわ冗長化 ft レイヤ1関係」に参加しました。
主催はLOCALインフラ部ですが、財団法人さっぽろ産業振興財団 プラットフォームワークショップとの共催だそうです。

第一部の「レイヤ1よもやま話(再放送)」については、昨年のOSC 2008とほぼ同じ内容でラッキングやケーブリングなど、物理層の話題。
「自作ケーブルは使うな」
「LANケーブルの性能劣化はコネクタの圧着のところが一番影響が大きいようだ」
など、あらためて勉強になりました。

drbd + heartbeat については、実際のサービスでの使用例を含めた説明でした。
インストールと設定については比較的容易にできそうなのですが、データ同期の不整合が発生したり、フェイルオーバーが中途半端に失敗したときなど、トラブル時はやはり大変そうな印象を受けました。
とくにheartbeatに複数サービスの面倒を見させる場合。

ですが、弊社の案件でも、サーバ故障時の自動サーバ切り替えを安価に実現したいというご要望が増えているので、近いうちにチャレンジする予定です。
タイムリーといいますか、Software Designの2009/06号でもdrbd + heartbeat + lvmが特集されていますね。

講師の方々、開催に携わったみなさん、参加されたみなさん、おつかれさまでした。
ありがとうございました。
第二回も参加したいと思います。

(2009.07.03)
drdb→drbdに修正しました。恥ずかしい。

2008年08月06日

iCommons Summit 2008に行ってきました。

7/30(水)、31(木)と、札幌コンベンションセンターで開催されたiCommons Summit 2008 Day1, Day2に行ってきました。
「iCommons Summit(iSummit)、クリエイティブ・コモンズとはなんぞや?」については、アンタスsakoさんのブログCreative Commons Japanのサイトを参照してもらうこととして。

このような世界的なイベントが札幌で開催されるのは珍しいと思うのですが、通常は数万円する参加費が、なんと札幌市民は1日1,000円なのです。
すばらしい。
ということで、業務の一環として参加しました。

参加するプログラムの選択については、トライ・ビー・サッポロさんの業務日誌の日本語による説明や講演者の紹介がとても参考になりました。
http://blog.tri-b.co.jp/2008/07/isummit2008_program1.html

長い時間集中して聞いていたのでふだんの仕事以上に?すごく疲れましたが、とても刺激的な講演や新たな発見が多く、有意義な時間を過ごせたと思います。
特に印象に残ったのは下記のスピーチ、セッションです。

  • 伊藤穰一さんのスピーチ

    • Creative Commonsライセンスは、Ethernet, TCP/IP, HTTP/Webといった過去の重要なレイヤに匹敵するような、オープンイノベーションのレイヤのひとつといえる。
    • オープンソースのメリットのひとつは失敗のコストが安くなることだ。このため、チャレンジがしやすくイノベーションが生まれやすくなる。
    • 「無料だから儲からない」ではない。アメリカのロックバンドNine InchNailsの例。無料で楽曲を配信する一方で、プレミアボックスCDを300ドルで発売し、1週間で1億6000万円の売り上げを達成。そのほとんどがアーティストの収入となった。

  • Rishab Ghoshさんの「コラボレーション」に関するスピーチ

    • 「交換(barter)」でも「購買(purchase)」でもなく、「協働(collaboration)」がいかに効率がよいかを、鍋にたとえて説明。
    • 個々が寄与するものは少なくても、全員が鍋全体の価値を得られる。
    • with knowledge goods, everyone gets a whole copy of pod.

  • オープン教育のセッション

    • (J)OCWによる各大学の講義を無料公開する取り組み。MITは全講義を公開している!
    • 教材開発コミュニティ FTEXT。草の根で全国の知恵を集め。数学の教科書や演習問題を作り上げて、CCライセンスで配布している!すごい!

  • ユーザ参加型サイト、オープンビジネスのセッション

    • 動画共有サイト ニコニコ動画, NeoM, Cliplife, eyelife
    • 音楽ユニットのプロモーション事例 Sweet Vacation
    • 本を作れるサイト BCCKS
    • 坂本龍一、小山田圭吾、X-JAPANのTOSHI、木村カエラといったミュージシャンが、映像クリエイターのコンテストのために楽曲を使用許可した。→カエラの提供楽曲はMO'SOME TONEBENDERが作曲と演奏を担当した「ファミレド」!

  • Google Literacy Projectにおける識字率向上のための取り組み

    • いくらインターネットが広がっても、識字率が上がらないと多くの人に伝わらない。例えば、ワシントンD.C.の非識字率は36%もある。

などなど。
デジタルコンテンツの配信については、インターネットを使えば流通コストがほ
とんどかからなくなるので、うまくビジネスにつなげやすい、とか。
CCライセンスにより、著作者の権利を守りつつクリエイターの創出を促進する、とか。

クリエイティブな活動を促進し、クリエイターもユーザも、みんなが便利に幸せになる道をいろいろ探っているんですね。
「Free Culture」という大きなテーマもあり、会場の雰囲気やオーガニゼーションはとても和やかで、自由で柔軟な感じを受けました。

いろいろと勉強になりました。
アンタスでもこのようなクリエイティブな分野で何か関われればよいなぁ、と。
開催に携わったみなさま、ありがとうございました。
そして、おつかれさまでした。

--
そうそう、パンフレットの末尾の「ETIQUETTE」は、日本での風習について英語での注意書きがなされていて、じっくり読むとなかなか面白いです。
とくに飲酒のところ。


  • 全員にグラスが渡るまで勝手に飲み始めないこと。「カンパイ」と言ってから飲むこと。「chin-chin」と言ってはいけない。
  • 日本酒をついでもらうときは杯を空けること。ただし、日本酒は急激に酔うから気をつけて。

これはどなたがまとめたのでしょうね。。。

2008年07月04日

サミット開催迫る

洞爺湖サミットの開催が迫ってきました。
札幌から離れた洞爺湖での開催なのに、首脳が宿泊するということで、札幌市中心部は厳重な警備体制が敷かれつつあります。
北は札幌駅から南は中島公園まで。
東は創成川から、西はよくわかりませんが、駅前通りか、西5丁目あたりまででしょうか。
アンタス本社があるオフィスビルはまさにその中心部にあるので、通勤時に普段と異なる様子をいろいろと目にします。


  • 創成川通りでの予行演習で車も歩行者も完全通行止め
  • 豊平区内の公園で、「開催期間中は、穏静保護指定区域につきスピーカーの使用禁止(外務省)」の看板あり
  • 開催期間中は中心部への自転車侵入、駐輪不可。創成川東に臨時駐輪場を設置(オフィスから遠い!)
  • いたるところに警官がたくさん。道外ではなぜか静岡県警が多い
  • 駅前通りに私服だけど体格がよく短髪で無線を腰につけている集団あるいは独り歩きの方がたくさん
  • ついでに、週末はきたえーるでジャニーズ「嵐」の公演があるので市内のホテルは満室

などなど。
高速道路も規制されるようですし、開催中はいったいどうなってしまうのでしょうか。
僕の大好きなすすきのは大丈夫でしょうか。
今週末は家でじっとしていたほうがよさそうです。
(あ、明日はコンサドーレを見に行くんだった。)

洞爺湖周辺の方々はもちろん、札幌市民も少し不便を強いられていますが、世界を担うえらいひとたちの安全を守るためにはしょうがないのですかね。
世界にとって、地球にとって、よい議論がなされるとよいのですが。

2008年07月03日

OSC 2008 Hokkaidoに参加しました。

6/28(土)、オープンソースカンファレンス 2008 Hokkaidoに参加しました。
http://www.ospn.jp/osc2008-do/

札幌で開催されるのが何回目かはわかりませんが、僕自身は3回目の参加となります。

去年に引き続き講演された宮原さんのXen仮想化の話もわかりやすくてよかったのですが、株式会社エストコスモ小岩さんの「レイヤ1よもやま話」が一番面白かったです。
OSI参照モデルでいうところの「レイヤ1=物理層」にこだわり、ラッキング、ケーブリングのコツについてのお話でした。

とくにケーブリングにはこだわっているそうで、美しく、メンテしやすく、熱効率をよく、ということで(その世界では常識かもしれませんが)いろいろなコツを教えてくれました。


  • 作業着手前にイメージを描く
  • とにかく時間と部材をかける。1ラックあたり8時間とか

    • 結束バンドやマジックテープをふんだんに使い、失敗したら直す!

  • 機器の排気口を防がず、結束バンドでまとめる
  • 電源ケーブル、LANケーブルの両端に物理名でタグをつける
  • 電源ケーブルとLANケーブルは一緒にしない

    • 一緒にすると電磁誘導でノイズが乗る!
       
    • ラックの右側に電源ケーブル、左側にLANケーブルをまとめる

などなど。

まとめでの「熱との戦い!」「Web2.0だなんだかんだいうけれど、レイヤ1がきちんとしていないとそもそも動かないんだよ」といったようなメッセージもカッコよかったです。
オトコらしい。
女性の方も何人か来ていたけど。
一般的なオフィスやデータセンターでの耐荷重は1平米あたり○kg、とか、マニアックな質問も楽しかったですね。
大盛況?だったと思います。

そのほか聞いたのはいまいちでしたかね。
企業としての講演は「ウチの保守をうまく使えば、ミッションクリティカルなシステムでもOSSで大丈夫ですよ」とか、「Linuxでもアプリケーションレイヤは穴ができやすいから、ウチの製品で対策したほうがいいですよ」というようなもので、知識としては勉強になりますが、実践にはあまり。。。
費用の見当も全くつかないですしね。
でも、こういった企業の講演もないと、イベントが費用面で成り立たないでしょうし。

あとは、知人たちと旧交を温める時間もありました。
エンジニアの方が大勢集まる場所は、実は苦手なのですが、それでも久しぶりにお会いする知人が何人かいて、近況報告や情報交換したりしました。
Rubyの会に参加している中学のときの同級生なんか、20年ぶりぐらいにマトモに話したような(笑)

あらゆるリソースの仮想化・分散化についての話題がもうちょっとあったらよいのかな、とも思いますが、参加費は無料ですし、いろいろ望んでもしょうがないですね。

関係者の方、毎年こういった機会を設けてくださって、ありがとうございます。
来年もよろしくお願いします。

2008年05月08日

Thunderbirdのアドオンでメールのファイル添付忘れ防止

メールにファイル添付を忘れて送信してしまうことって、よくありませんか?
僕は社内宛てでもお客様宛てでもしょっちょうやっていて、そのたびに恥ずかしい思いをしていました。

ですが、Thunderbirdの Check and Send アドオンを使うようになってからは一度もやらかしていません。

このアドオンは、「添付」など、あらかじめ指定した文字列が本文に含まれているのに添付ファイルがないまま送信しようとすると、アラートを表示してくれます。
チェック対象の文字列はパイプ'|'により複数指定することができ、僕の場合は、「送付|添付|送ります」でチェックするよう設定しています。

また、添付ファイルに限らず、NGワードを指定して、その文字列が含まれていた場合にアラートを表示する、といった機能もあります。

シンプルだけどとっても便利なツールで、カレンダーツール Lightning と合わせて重宝しています。

2008年04月01日

ThinkPad X40でフリーズしまくり現象が解決!

僕は4年近く前から、プライベートではThinkPad X40を愛用しています。
ですが、去年あたりから、トラックポイントの操作でフリーズすることが多くなりました。
IBM Rescue and Recoveryのパスワード忘れ問題を乗り越えてOSのクリーンインストールをしても、状況はさほど変わりません。

今年に入ってからは、ヒドいときは10分おきにフリーズすることもあり、普段は温厚?な僕もさすがにイライラしてきました。
トラックポイントや無線LANのドライバーをアップデートしても症状は変わりません。

どうもメーラをNetscapeからThunderbirdに変更してからとくにヒドくなったような気がして。
これはつまり購入時に増設したメモリがよくなくて、使用メモリが増えたときに問題が発生するのかと思い、512MBのメモリを購入して256MBのものと差し替えてみたのですが、やっぱり状況は変わりません。

それで最後の手段として、友達に教えてもらったWindows UpdateのThinkPad版のようなもの、ThinkVantage System Updateをインストールし、アップデートをかけてみました。
必須項目だけではなくオプションもすべて選択すると、たくさんダウンロードするツールがあって、合計で7時間ぐらいかかりました。
でもその甲斐あってか、その後2週間ぐらい経ちましたが、まったくフリーズしません!
なんだかよくわかりませんが、なにかのファームウェアのアップデートが効いたのでしょうか。
iTunesを起動して音声を再生したり、動画を再生するなど、激しくメモリを使用しても問題ありません。

というわけで、ひさしぶりに、ThinkPadが快適に使えるようになってうれしいです。
(スペースキーが壊れて、存在しないけど)
同じ問題で困っている方は、ぜひトライしてみてください。
すごく時間がかかりますが。。。

ThinkVantage System Update:
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd02.nsf/jtechinfo/TVSU-UPDATE

2007年11月16日

Thunderbird + Lightning

メールソフトはもう5年ぐらいNetscapeを使用していたのですが、先日やっとThunderbirdに乗り換えました。
というのも、Google Calendarと同期できるアドオン、Lightningを使ってみたかったから。
これ、いいですね!

GmailやGoogle Calendarは、便利なんだけどもっさり感が気になってきていました。
確かGmailは速度の改善が図られるのですが、Google Calendarについてはまだそのような発表はありませんよね。
Ajaxなんでこういうもんかなと思っていたのですが、やっぱりさくさく動くWindowsアプリのほうがよいです。
さくさく動くけどデータはローカルではなくオンライン上にある、ってのがすばらしい。

・プライベートな用事はGoogle Calendarに登録
・自宅PCと仕事PCのThunderbird + LightningはGoogle Calendarと同期
・仕事のイベント、タスクは仕事PCのThunderbird + Lightningにのみ書き込む

ということでとっても便利。
あとは、社内で使っているグループウェアのスケジューラが同期できればカンペキ!

それから、Thunderに対してLightning、っていうネーミングもステキ。
Thunderは雷鳴、Lightningは雷光をさすそうです。
ラウドネスの黄金期のアルバム「Thunder in the East」〜「Lightning Strikes」を思い出しました。

Thunderbirdのメール機能については、引用記号が妙なカラーの縦棒になるのが気になっていましたが、これもQuoteColorsアドオンで > の表示に変更できました。
他にもいろいろ便利なアドオンがありそうですね。

2007年09月12日

酸っぱおいしいチーズケーキHA-RU(はる)

いただいたHA-RUを僕も食べてみたので感想を。
まず、最初は想像していなかった酸っぱさで驚き。
だけどそのあとにチーズケーキらしいほのかな甘み。
ちっちゃいのであっという間に食べ終えてしまったのですが、おいしくいただきました。ごちそうさまでした。
小分けでしっかり包装されているので、職場のお土産にもいいですね。
チーズは嫌いだけどチーズケーキは好きな僕も満足でした。

2007年07月19日

IBM Rescue and Recoveryのパスワードを忘れた。。。

先日、プライベートで使用しているThinkPad x40のOSを再インストールしようとしてハマりました。

ThinkPadはリカバリー用CD-ROMがついていなくて、HDD内にある「Rescue and Recovery」というツールで工場出荷時状態に戻すことができます。
(これって一見便利だけど、HDDを交換するときにタイヘンですね。)

で、その「Rescue and Recovery」を起動しようとしても、パスワードを訊かれて、それがわからなくて、起動できないのです。
そんなパスワード設定した覚えないんだけどな。
ネットで「Windowsの管理者パスワードと同じ」と書いている人がいたけど、それもダメ。
思いつくものを片っ端から入力してみてもダメ。

いろいろ検索していたら、「Pythonコマンドでパスワードをクリアできる」という情報があったので、これも試してみたのですがやっぱりダメ。

もうちょっと探していたら、「Rescue and Recoveryプログラムを上書きする」という方法を見つけ、やっとこれでうまくいきました。

  • 「プログラムの追加と削除」で「Rescue and Recovery v2」をアンインストール
  • Lenovoのサポートサイトから、「Rescue and Recovery v3」(450MB!)をダウンロードしてインストール

これで、パスワードを訊かれることもなく「Rescue and Recovery」から工場出荷時に戻すことができました。
リカバリーやWindows Updateも時間がかかったし、ソフトの再インストールや再設定も含めると、土日のほとんどを費やしてしまいました。

ただ、再インストールしたおかげか、OS起動後にしばらくディスクがカリカリ言っててレスポンスが遅い問題が解消されました。
OSのインストールうんぬんよりも、Norton Antivirusが2006から、ThinkPadに同梱された2004にダウンしたのが一番効いたような気がしないでもないですが。

あとはデータの復旧。
メールなどほとんどのデータはLANディスクにバックアップしてあったので、問題なく復旧したのですが、LunascapeのBookmarkとiTunesのデータベースは、バックアップするファイルを間違ってしまって復旧できませんでした。
とくに、7000曲分のiTunesのレイティング情報が失われてしまったのは痛い!
普段、レイティングが高いものをランダムセレクトでiPod Shuffleに取り込む→iPodではいい曲しか聞かない、という使い方をしているので。

OSを再インストールするときは、iTunesデータベースファイル(マイ ミュージック\iTunes\iTunes Library.itl)のバックアップも忘れずに。

そんなわけで、アーティスト順でAから、毎日シコシコとレイティング作業をしています。
アジカンの「ソルファ」が(自分にとって)いかにすばらしいアルバムかが改めてわかりましたよ。


(参考)
まあそんな感じ - IBM Rescue and Recoveryのパスワード削除:
http://ppona.com/IBM_Rescue_and_Recovery%E3%81%AE%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E5%89%8A%E9%99%A4

IT用務員 「リカバリィのパスワード」
http://gold.ap.teacup.com/imi05/101.html

2007年05月29日

再会

先週、前の会社に勤めていたときに出会った友人から、突然5年ぶりぐらいで連絡がきました。
なんと、以前載せたマイチャリROSSO号の写真を見て、はがれかけたシールで僕だとわかったそうです(笑)
ブログ、書いてみるもんですねぇ。
会社のホームページを見て連絡してくれるなんて、ありがたいことです。

さっそく週末に飲みに行き、お互いの近況やらロックな話やら仕事のマジメな話やらをたくさんして楽しかったです。
というか、飲みすぎて、土曜日はグダグダでした。
でも、また飲みましょう。
いつか一緒におもしろい仕事ができたらいいですね。

2007年05月02日

引越し

少し前のことになりますが、4/21(土)にアンタス札幌本社の引越しがありました。
2004年11月に前オフィスに初めて入ったときの札幌本社在籍メンバーは4人。
みんなで一生懸命机やキャビネットを組み立てたことを思い出し、胸がいっぱいに、、、なることはなかったのですが、あれから2年半で本当に人が増えたな〜と思いました。

さて、引越し自体は9時から搬出が始まり、16時ごろには搬入が終了。
僕が担当したネットワークや電源、サーバまわりの移設もみなで作業して特に問題なく完了しました。
IPアドレスの変更が少なかったのも、トラブルが少なかった要因ですね。
あ、1台電源まわりのトラブルで起動しなくなったPCサーバがありましたが。

新しいオフィスはこちら
より中心部に近くなり、周りは前のオフィスとはまた違った雰囲気です。
昼食のお店も新規開拓し直しですが、それもまた楽しんでやっています。
そんな感じで、しばらくはまた新鮮な気持ちで仕事ができそうです。

2007年04月09日

チャリ通再開

cycle.jpg
久しぶりの投稿になります。
前輪のパンクを直し、やっと昨日からチャリ通を再開しました。
地下鉄使うより早いし、気持ちいいし、いいなあ。
半年近く載っていなくても、考え事をしながら走っていてもいつの間にか家に着いてしまうから不思議。

そんなわけで、今月からまた少しずつブログを書こうと思います。

2006年10月13日

BlogとWikiとSocial Bookmark

今さら?ですが、WikiとSocial Bookmarkが気に入って使っています。
どちらも、情報共有にとても便利なツールですね。

Wikiについては、「みんなでよってたかって編集するのに便利」という認識でいて、いまいちピンと来ませんでした。
でも、使ってみたら、「HTMLタグよりも簡単な記号できれいな見栄えのページを作れる」のがとってもよいです。
けっこう前からあったのに、去年あたりから一般ポータルサイトでサービスが開始されてきたのは、強力な全文検索がセットになったから?
いや、それは前からあったのかな。
社内では、hikiで技術情報その他を蓄積しています。
カンファレンスのレポートや社内遊びイベントのまとめにも使っています。

個人的には、今年のライジングサンでは、qwikを使ってとても便利でした。
仕事も年齢もバラバラな10人ぐらいのメンバー間で、事前に集合時刻やもちもの、連絡事項などの情報をwikiにまとめて情報を整理。
さらに当日は広大な敷地内をみんなバラバラに行動するので、ケータイアドレスをMLに登録して連絡を取り合いました。
連絡を取るといっても、「集合遅れます」とか「焼肉開始!」という程度だったりしますが(笑)

Social Bookmarkについても、「他のひととBookmarkを共有する」ということの利点がわからなかったのですが、使ってみると便利。
サイトの登録、というよりは、気になった記事のクリップという使い方ですね。
ローカルではどこかに情報が蓄積される、というのがポイント。
これも、全文検索が強力なのがうれしい。
社内では、Scuttleというツールを使っています。
実際には、3人しか登録していないけど(笑)

Scuttle
http://sourceforge.net/projects/scuttle/

現時点では、

・Blog - 日記、技術や記事に対する考察
・Wiki - ノウハウ、手順、メモ、イベントのまとめ -> ナレッジベース
・Social Bookmark - ネット記事のクリップ

こんな住み分けができているのかなあ、と思います。
1年たったら、また便利な技術が出てきたり、住み分けが変わっていたりするの
かな。

2006年10月02日

大倉山

339571dc.jpg
昨日、名古屋から来た友人2人と、大倉山ジャンプ場に行ってきました。
ここ、すっごくいいですね。
リフトでジャンプのスタート台まで行けて、札幌市街を眺めることができます。
ちょうどジャンプの練習をしている人たちがいて、飛ぶところを何度も見れました。
間近で見たけど、あの競技は、普通の神経ではできないな、と。
ミュージアムでは、各競技の体験コーナーもあり、3時間ぐらい時間をつぶせました。

2006年05月15日

チャリ通にて

札幌も連休あたりから暖かくなり、自転車による通勤も心地よくなりました。
先日も、iPod Shuffleで名曲たちを聞きつつ軽やかに通勤していたのですが、、、
突然手を広げて目の前に立ちはだかる、若い男女2人組。
あやうく轢いてしまうところでしたよ。

ポケットから何か取り出したので、「何かの宗教の勧誘かな〜長く捕まったらやだな〜」と思っていたら、見せられたのは警察手帳でした。

(警男)「すみません、自転車を調べさせてください」
(ina) 「どうぞ」
(警男)「お名前は?」
(ina) 「○○です」
(警女)「この自転車はご自分のですか?」
(ina) 「はい、もちろん」

という簡単なやりとりをして、男性のほうが、自転車についている防犯登録IDを無線でどこかに問い合わせました。
すぐに確認が取れて、結局トータル1分ぐらいで解放。

某大学の目の前で、学生がたくさんいたので、ちょっと恥ずかしかったです。
僕の次は学生が捕まっていました。
たぶん、講義に遅刻しただろうな。

同僚も、つい最近、全く同じように警察の尋問を受けたとのこと。
札幌は自転車の盗難が多いので、こうやってローラー作戦をかけているのでしょう。
市民のために、チョイ悪犯罪を撲滅してください。

でも、警察手帳って、あんまり見たことないから、ホンモノかどうかわかりにくいですね。
もっと見ればよかった。
「警察手帳がホンモノであることの認証」はどうすればよいのでしょうか...

ANTAS(アンタス)