« 2006年10月 | メイン | 2007年01月 »

2006年12月01日

[読書] 真実真正日記

読書

町田康の『真実真正日記』を読んだ。

真実真正日記(町田 康)

おもろい。この人の小説はいつも超自然的にぶっ飛んだ展開で宇宙を感じさせるが、本作は日記風(エッセー風)なスタイルをとっているため、展開はそれほどぶっとばない。(それでも十二分にキてますが。)その代わりに日記を書いている小説家が書く小説はふざけているとしか思えないぶっとんだ展開をしていて、そちらのストーリーもちょっと気になりながら読み進めてしまう。そして日常と小説とが交錯して、、、って、一人称の文章なので何でもアリな展開。いつものように自虐的なボケを炸裂させるのだった。
日記の作者が社会を見る視点もなかなか興味深く、全体的にリラックスして読める良書。

ただ、終わらせ方にちょっとムリがある感が否めなく、またその手法自体にも陳腐さを感じてしまう。途中まで面白かっただけに残念。

2006年12月02日

[読書] 町長選挙

読書

奥田英朗の『町長選挙』を読んだ。

町長選挙(奥田 英朗)

精神科医伊良部の3作目。直木賞受賞作の2作目が1作目よりパワーダウンしていたので、今作はどうかしらと期待半分不安半分で読んでみました。

で、結論から申し上げると、さらにパワーダウンしていてツマラン。

ん〜〜、なんなんでしょうね、このつまらなさ。確かに伊良部もマユミさんもキャラが立っているし、ナベツネやホリエモンをモチーフとしたゴシップの当事者視点の悩みを題材にしていた点もまぁ、読み物としては楽しめるんだが、なんだか物足りない。やっぱりマンネリなんですかねー。

多分なんですが、1作目の『イン・ザ・プール』なんかは、もっと患者の悩みが深刻だったし、テンパリ具合も常軌を逸していて、その有様がものすごい緊迫感や切羽詰った感で表現されていた気がします。で、その切羽詰った感と伊良部の(逆のベクトルで)常軌を逸したノー天気さとの対比の、そのものすごい落差が作品の魅力だったように思います。が、『町長選挙』では、その緊迫感がパワーダウンしている上に、伊良部やマユミさんの行動も確かに奇抜だがキャラ特性に頼りすぎた感があって、それがマンネリズムを感じさせるんだよなー。っつか、『空中ブランコ』にしろ『町長選挙』にしろ、伊良部先生、やたらと人気者になってしまっているけど、でもそもそも、伊良部ってそんなに愛されキャラじゃなくなかった?

なんてね。

2006年12月10日

[読書] 失われた町

読書

三崎亜記の失われた町を読んだ。
失われた町(三崎 亜記)
三崎亜記といえば、『となり町戦争』で小説すばる新人賞を受賞してデビュー。二作目の『バスジャック』も好評の期待の小説家、とのことですが、正直あまり好きじゃありませんでした。『となり町戦争』は現実感のなさばかりが目立ってイマイチだったし、『バスジャック』は発想のユニークな不思議なストーリーを抑制のきいた文章でつづる独特の世界観はまぁ面白かったが、ツッコミが足りなくてふざけてるだけじゃん、と物足りなさも感じていました。

で、初の長編という本作はどうか。
結論から申し上げると、大変面白かった。

「町」が消えるという着想自体が奇抜でユニークだが、そこにありったけのリアリティを感じさせるための精巧な舞台設定。奇抜な発想だけに頼らずに、違和感や矛盾のない現実感たっぷりの世界を創りだしたという点においては、現実世界から見えないところで事件が進むというリアリティのなさを描いた『となり町戦争』とはアプローチが真逆でしょうか。矛盾のない世界観を創り出して提示した点において、現代(あるいは近未来)版のファンタジーともいえるでしょう。
7つのエピソードをエピローグとプロローグで挟むという構成も成功していると思われます。1つ1つのエピソードが有機的に絡まりあってひとつの長編として構成されていく手法は、まぁ、ありがちなんですが、序章の「プロローグ、そしてエピローグ」で提示されたキーワードをそれぞれのエピソードで紐解いていく丁寧さがうれしいし、登場人物ひとりひとりの物語もきちんと描ききっている点において、1つの短編としてしっかり機能していると思われます。
主題は「町」の消滅という理不尽で得体の知れない巨大な力に、(たとえ自分を犠牲にしても)信念を持って立ち向かっていく人々を描きました、ってところなんでしょうが、こういうテーマにありがちな「はかなさ」とか「うつくしさ」というのは希薄で、むしろ「たくましさ」「力強さ」「前向きな明るさ」というものを感じました。
久しぶりに勇気を与えてくれる本に出会いました。
ただ、やっぱり文章は稚拙だし、「澪引き」のエピソードはストーリー展開にややムリがあったんじゃないか、と思ったり。