« 2008年11月 | メイン | 2009年01月 »

2008年12月05日

今週末はバズナイト in 札幌 Vol.2に行こう!

イベント 音楽 札幌 北海道

今週末の12月5日は(といっても、もう今日ですが)、バズナイトを観にいこうと思います!


バズナイト in 札幌 Vol.2(オールナイトイベント)
12/5(金) SOUND CRUE
札幌市中央区大通り東2丁目(TEL:011-221-8313)

LIVE:BAZRA/Ennui Pickup Van
DJ act:ダイノジ/井上鉄平(BAZRA)/DJテツヤ/タイブレイク安楽/安斉/上海ドールことみ/前田ブルース(スパイボーイ)

OPEN / START 23:00

adv \2,000 / door -


この歳になると夜イベントは体力的にツライけど楽しんじゃいますよ!

そんなわけで昨日はザ・ミエダタクヤさんにお会いしてきました。今日のバズナイトへ向けて気合十分といった感じでございました。楽しみですねー。
081204_2357_001.jpg

2008年12月14日

[食とか酒とか] ilpinoのパスタセットを食べてみた

HBN これは美味い 北海道

北海道ブログネットワークのモニター企画でイルピーノさんのパスタセットをいただいたので、早速食べてみました。

イルピーノの生パスタ

今回いただいたのは、生パスタとパスタソース。どちらも北海道産の食材にこだわったイルピーノさんのオリジナル商品です。会社がイルピーノさんに近いのでたまに食べにいくのですが、いつもとっても美味しい料理を食べさせてもらっております。その味が家庭でも味わえるというのはかなり魅力的ですねー。
  
パスタソースは『エゾシカのラグー(ミートソース)』。冷凍状態で保存しますが、作るときは沸騰したお湯で6〜8分ほどあたためるだけ。お手軽ですね。
パスタは『北海道産小麦「春よ恋100%」生パスタ(平打ち)』 。乾麺ではなく生麺なので冷凍のまま沸騰したお湯に入れると60〜90秒で出来上がるんだとか。はやっ。
というわけでお鍋を2つ用意すればお手軽に同時進行で作ることができました。

完成!
ホントに90秒しかあたためなくていいの?とおそるおそる食べてみると、、、
ウマイ!
なんていうんでしょう、パスタの食感がすばらしいですね。もちもちとした強いコシが気持ちいいです。平うち麺なのでうどんを彷彿とさせる歯ごたえですが、味はしっかりパスタの味ですね。食べ応えがありますっ。
そして、パスタに絡まる蝦夷鹿のラグー!これも美味しい。蝦夷鹿、という言葉の先入観でクセ(というかケモノくささ)を覚悟していたのですが、そんな心配はまさに杞憂。濃厚なソースにお肉が香ばしく、コシの強い麺と見事にあっておりました。

このパスタは「パスタだけはなぜイタリア産なのだろう?」という疑問をきっかけに開発をスタートしたそうです。試行錯誤の結果「春よ恋」という道産小麦100%というこのパスタにたどりついたようです。こういう取り組みがもっとさかんになって北海道が元気になれるとうれしいですね。

●イタリア料理 イルピーノ&わいん居酒屋 いる
札幌市中央区北1条西3丁目3-25
荒巻時計台前ビル BF
TEL/011-280-7557
http://homepage2.nifty.com/ilpino/

今回のパスタとパスタソースは「きたキッチン」で販売しているみたいです。(ちょっと自信ないので明日確認してきます。)
また、以下のサイトから購入したり、お店に連絡してお取り寄せもできるようですよ。
生パスタとパスタソースのセット(イルピーノ)/スロウのお買い物-【northern style スロウ】 by クナウマガジン


ちなみに、イルピーノさんは「きたキッチン」で12月17日(水)〜25日(木)の期間。ピッツァやイタリアのクリスマスケーキなどを販売する催事も開催されるそうですのでコチラも要チェックでございます。

あー、ちなみに、パスタもソースも2人分なので注意が必要。
ひとり暮らしの人はちょっと工夫がいるかもしれません。
パスタはガチガチに凍っているわけではないので、茹でる前に半分にできますが、ソースは。。。
僕はとりあえず全部あたためて残りはタッパに入れて再冷凍しちゃいました:-p

2008年12月20日

[読書] ジュンク堂 札幌店に行ってきた

札幌 読書

本日、ついに丸井今井札幌本店南館にジュンク堂書店がオープンしたようなので、早速衝動買いしてきましたよ!

ジュンク堂札幌店がオープンしたのは丸井今井南館。地下街直結でとても便利。天気の悪い時でもひょろりと寄れますね。そのB2F〜4Fまで合計6フロアの売り場は圧巻。おびただしい蔵書数に早くも本を買う衝動が抑えきれません。他の本屋ではなかなかおいていない本がたくさんあり、その種類の豊富さに時間を忘れてしまいます。気がつくと、地下2階の1フロアで早くも30分以上も時間を消費してしまいました:-p


また、お会計が各階毎の精算ではないところもうれしいポイントです。本好きはジャンルは関係なくいろんな本を手当たり次第に拾い読みして、お気に入りの何冊かを購入したいものです。6フロアを縦横無尽に物色できるというのはかなりうれしいですね。でも、1階のエスカレータがあまりに売り場から離れていて万引きとかがちょっと心配。防犯対策はちゃんとできているのでしょうか。


もっといろいろ見たかったけど、仕事の時間が迫っていたので1階と地下2階しか見ることができませんでした。1階の雑誌・文芸コーナーもジャンルが豊富でステキでした。ただ、純文学系の品揃えはややすくなかったかもしれません。

ってことで、本日の衝動買いリストです。

  • 『北海道の旬をまるごと食べよう』 坂田蓉子
  • 『おせち基本帳』 爲後 喜光
  • 『生きる』 谷川俊太郎 with friends
  • 『雅楽戦隊ホワイトストーンズ』 鈴井貴之
  • 『hon・nin vol.2』
よよよ、いきなり6,000円オーバーの衝動買いをしてしまいました。。。orz 職場近くにこんな魅力的な本屋ができてしまったので、財布の紐をしめるために精神力を鍛えないといけないですな。

ちなみに、

12月20日(土)〜23日(火・祝)の期間中3,000円(税込)以上お買い上げの方に神戸ボックサンのカシミヤチーズケーキ(2個)をプレゼントいたします。

とのことで、チーズケーキいただいちゃいました!6,000円の購入だったので2セット!。わー、おいしそー。


実際、美味しかったです☆

2008年12月31日

[食とか酒とか] 鮭のチーズ巻き

これは美味い チーズ レシピ

お正月など人がたくさんいるときに欠かせないのが酒のつまみ。今日は簡単に作れるつまみということで、鮭のチーズ巻きをご紹介します。
鮭のチーズ巻き

作り方はとってもカンタン。鮭でチーズを巻いて蒸すだけ。
お歳暮なんかで鮭を一匹もらっちゃったけど、どうしよう?なんて時に鮭をつかったレシピがひとつあるととっても便利です。しかも、チーズ巻きはあまり使い道のよくわからない鮭の尻尾の方を有効活用できるので経済的なのです。


というわけで作り方。

 
鮭は尻尾の方を使います。皮は不要なので取ってしまいましょう。うまく皮を剥げなくても、皮に付いた肉をこそぎ落とすと後から利用できます。

 
鮭を薄く切ります。あまり綺麗に切れなくても良いと思います。
市販のプロセスチーズを棒状に切っておきます。厚さは『切れてるプロセスチーズ』を2枚重ねな感じでしょうか。
材料は、これだけ、です。

 
アルミホイルにサラダ油をひいて、薄く切った鮭を敷きつめていきます。そこにプロセスチーズを置いて、海苔巻の要領でぎゅぎゅんと巻きます。

 
巻きます。ぎゅんぎゅんと巻いたら端っこをきゅきゅっと絞りこみましょう。この時に鮭でチーズにふたをするイメージで絞り込むのがポイントです。

 
そのまま蒸し器で8〜10分ほど蒸すと完成〜。そのまま食べてもいいですが、冷えてから食べた方が美味しいかもしれません。

鮭をうすーく切るところに時間がかかるかもしれませんが、それ以外の工程はとっても簡単お手軽。
オードブルなんかにも合うし、お弁当に入れても違和感ないです。冷凍もきくのでかなり万能な感じでオススメです。
是非お試しください。