« 2008年12月 | メイン | 2009年02月 »

2009年01月01日

[食とか酒とか] おせちに挑戦

そんなことはどうでもいい レシピ

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、今年のお正月はちょっと張り切っておせちっぽいものを作ってみました。
でも、そんなに時間もかけられないので、できるだけ手は抜いて。


【煮物】
  
干ししいたけは砂糖水でもどしておく。ごぼう、蓮根、人参、里芋などの根菜を適当に切って水にさらしておく。里芋は塩でもんでおくとそんなにヌルヌルしないかも。
鍋で鶏肉を炒めた後に根菜を投入。水としいたけ戻したお湯を入れて、ひと煮立ちしたらアクを丁寧に取る。砂糖と酒と醤油で味付けしたら落し蓋して弱めの中火でぐつぐつ煮込む。すると、いつのまにか完成〜。


【なんちゃって田作り】
  
普通にダシをとっている煮干と、先日宅飲みしたときにあまったミックスナッツをつかって、なんちゃって田作りを作ってみました。煮干とミックスナッツは電子レンジで1分ほど温める。酒と砂糖と醤油を「甘くて美味いっ!」という配分であわせてフライパンで加熱。煮だってとろみがでてきたら煮干とミックスナッツを投入してすばやく絡める。皿にとって冷ますといつのまにか完成〜。


【紅白なます】

あうー、写真、取り忘れた・・orz。大根と人参を粗めの千切りにして甘酢に漬け込む。するといつのまにか完成〜。

【黒豆】

市販の下ごしらえ済みの黒豆を買ってきて、砂糖と塩と醤油と水で軽く煮る。するといつのまにか完成〜。

【玉子焼き】
  
峠の鶏小屋さんのたまご焼きのだしを使ってみました!なんとこのおだし、玉子を3個も使うんですねー。3個分の玉子焼きはどんどん大きくなるので、ひっくり返すのが難しいですね。ちょっと苦労しました。まぁまぁ、何回かひっくり返すといつのまにか完成〜。
焼きあがるとさすがにビッグサイズですな。タバコの箱と並べてみてもその存在感がわかると思います。


【鮭のチーズ巻き】
昨日のエントリに書いた鮭のチーズ巻きも献立に加えてみました。蒸し器に入れておくと、いつのまにか完成〜。

【鮭の塩焼き】
鮭の切り身を魚焼きグリルに入れてしばらくすると、いつのまにか完成〜。


そんなわけでいつのまにか完成してしまった品々をお膳に盛り付けて完成!

おお!お膳に盛り付けるとなんとなくおせちっぽいですね。
なんとなくお正月気分が盛り上がってきました!


がんばって作ったのはいいのですが、量がかなり多すぎました。独りじゃなかなか消化できないですね。。。
来年はもっと早く消化できるように新しい家族でも見つけたいものですな。

と、書いてみたら、おととしも同じこと書いてたことに気がつきました。成長ないなぁ〜。orz。

2009年01月04日

[読書] 『左岸』江國香織、『右岸』辻仁成

読書

年末年始のお休みでようやくこの2冊を読み終えました。江國香織と辻仁成の競作による『左岸』と『右岸』。この2人の競作は『冷静と情熱のあいだ』以来ですか。ミーハー的にはかなり期待して読んでみましたよ。

読み終えた率直な感想としては、

  • 二人とも芸風変わらないなぁ
  • 『右岸』はだいぶイマイチ
  • 『左岸』はかなりの傑作だ!!
といったところです。

↓以下、ネタばれ注意

幼馴染の2人の男女を主人公にそれぞれの人生を、その40〜50年に及ぶ足跡を丁寧にみずみずしく描ききった大作。どちらか1冊でもおなか一杯の内容ですが、やはり2冊合わせて読むことをオススメします。


『左岸』
江國香織の小説の登場人物て、落下したり、安全でも適切でもなかったり、号泣したりと、はたからみるとすごく情熱的に恋をしているように見えるのですが、なんとなくどこか冷めた感じがするんですよね。なんか、やることやりますが、基本、やる気ありません!!みたいな。本作の主人公もまさにそんな感じです。強い意志を持って、周囲に惑わされず、積極的に恋をして、魅力的な人生を歩んでいるようにみえるのですが、根無し草的な行き当たりばったりに生きて、常に寂しさを抱えているようにも思えます。
登場人物の想いや考えのすれ違いを、あえてそれぞれに語らせずに主人公目線でだけ表現するのはすばらしいと思いました。もどかしさや悩みがより際立つ感じがしました。それだけに中盤で娘目線のセンテンスがいくつかあったことが残念です。

数々の出会いや別れを経験しながら主人公が成長してくわけですが、一貫とした変わらぬ性格というか性質が芯に感じられるため、違和感なく読み進めることができます。後半になって前半を読み返して、初めて成長や年齢、そして懐かしさを覚えるほどです。

とにかく登場人物が全て魅力的ですばらしい物語でした。
不覚にも読みながら泣いてしまいました。

★★★★★

『右岸』
設定に振り回された感が強いですね。
霊魂とか輪廻とか運命とか、そういう超自然的な考えて辻の小説には取り入れられてきた考えですが(傑作『白仏』なんかモロそうですね)、本作はそれを強く出しすぎてしまった感があります。主人公を超能力者にしてしまったことが拍車をかけてしまったのでしょうか。
運命を強調すればするほど、主人公の能力を強調すればするほど、人間の無力さ・人生の理不尽さよりも、筋書きの唐突さ・安直さが目立ってしまい、素直に感情移入ができなかった感があります。
また、全体的に過去にとらわれすぎな印象を受けてしまい、その悔恨が運命的なものと間逆な思想であるため、物語の統一感が失われているように思います。
あー、あと、語り口が一貫してない、というか、言葉の使い方が迂闊というか、なんかこの人文章書くの下手になったんじゃないか!?と思いました。
期待が大きかっただけにガッカリでした。

★★☆☆☆


【あわせて読みたい】

2009年01月24日

[おぼえがき] Postfixで「-(ハイフン)」から始まるメールアドレスに送信すると「bad address syntax」

Linux Postfix

先日、自宅で運用している個人用途メールサーバから友人にメールを送ると、 bad address syntax のエラーメールが返ってきてしまいました。その友人のメールアドレスは「-(ハイフン)」で始まるのですが、RFC的には問題ないのでエラーになる理由がよくわかりませんっ・・・

と、不思議に思ったのでちょっと調べてみると、Postfixがデフォルトでは「-」で始まっているメールアドレスの配送を拒否してしまうらしいことがわかりました。

で、これを回避するには、main.cfに以下のように記述すればいいようです。

allow_min_user = yes

参考サイト:


これは、外部コマンドでメールを配送しようとする時に、「-」で始まっているメールアドレスが、コマンドに対するオプションと解釈されてしまう危険性があるからである。

とのことですが、別にRFC違反じゃないのにデフォルトで拒否ってしまうなんて、ちょっと極悪仕様ですな。


追記:
postfixのバージョンによっては invalid recipient syntax というエラーになるかも☆

2009年01月28日

[食とか酒とか] シロクマ・北海食品の『発芽玄米お米デニッシュ』を食べてみました。

HBN これは美味い 北海道

北海道ブログネットワークのモニター企画でシロクマ・北海食品さん『発芽玄米 お米デニッシュ』をいただいたので早速おいしく食べてみました。

このパン、道産食材にこだわったパンつくりをしているシロクマ・北海食品さんが、巨大胚芽(はいが)米「ゆきのめぐみ」を初めて製品化したものだそうです。

なんでも、「ゆきのめぐみ」は一般的な品種に比べてGABAビタミンEがなんと2倍も含まれているとか。かなり期待がもてます。


まぁ、事前知識をあまり詰め込んでもアレなんで、難しいことはあまり考えずにとりあずがぶりと食べてみました。

まず、感じたのは「とっても香ばしい」ということ。
小麦粉のパンと具体的に何が違うのかはうまく説明できないのですが、しっかりとした穀物の香りが気持ちいいです。

食感はもっちりとしていて、じっくり噛むとほのかな甘さが口の中に広がって、なんとも幸せな気分。

中には、餡のようなジャムが入っていてこれがまた美味しい。

このジャム、味はしっかりしているけど甘さが控えめで飽きがこないですね。
パンの生地にもばっちり合ってます。
材料がなんなのかさっぱりわからなかったのですが、後で商品紹介を見てみると大豆のジャムとのこと。うおー、ぜんぜんわからなかったです。大豆ジャムがこんな美味しいなんて目からウロコでございます。


サイズはちょっと小さめでしたが、まぁ、たくさん食べるなり、他のパンと一緒に食べたりするのもまた楽しいかも。

まだ販売はしていないみたいですが、北海食品さん直営のれもんベーカリーで試供品提供しているとのこと。販売が待ち遠しいですね☆

ちなみに、バクーンTVでシロクマ・北海食品さんのインタビューが公開されているみたいなので、こちらも要チェックです!!

2009年01月29日

[課外活動] 09年2月4日 ジャズライブ@JERICHO

音楽

普段はエンジニアだけど、お休みの日にはドラムを叩くなどしている紀國です。このたび、僭越ながらライブをやることとなりましたので下記の通り告知させていただきますっ

日時:2009年2月4日(水) 20:00〜
場所:jazz spot JERICHO (札幌市中央区南3西3サンスリービル.B1F)
メンバ:島谷佳代(as) 木圭(p) 福田晋平(b) 紀國聡(ds・leader)
ライブチャージ:1500円 (学割 1000円)


いつもはまったりけだるい感じの曲を演奏してたりしますが、今回はいつもと違うメンバでガツンとエネルギッシュな演奏を目指しますです。
しまかよさんとは1年ぶり、圭くん、福ちゃんとは初顔合わせなので当日の演奏がドキドキワクワクでございます。
きっと面白い演奏になると思いますので、興味のある方がいらっしゃいましたら是非いらしてください。
お酒でも飲みながら楽しんでいただければ幸いです。