« 2010年06月 | メイン | 2010年08月 »

2010年07月02日

今年も手稲高校のインターンシップを受け入れました

こんなこともやっています

今年も手稲高校の生徒さんをインターンシップで受け入れました。

札幌手稲高校では進路指導の一環として職業体験や職業見学のカリキュラムを設けており、実際に仕事をしている人の話を聞いたり、仕事を体験することで今後の進路選択に役立てましょうという取り組みをしているんだとか。実にすばらしいですね。
と、去年とほぼ同じことを書いておりますが気にしないでくださいませ。

今年もお話いただきましたので、喜んでご協力させていただくことにしました。

午前中は仕事見学!ということで、お客さんとの企画会議に同席してもらったり、実際に仕事している場所を見てもらったりしました。
新入社員とベテラン社員が仲良くペアプロしているのがなかなか興味深かったようです。


午後はプログラミング演習!ということで、今年もやまかわくんが1日先生をやってくれました。今年はscratchを使って、フローチャートというかアルゴリズムというかそういうのをパズル感覚で考えていく、というものをやったようです。
生徒さん達は大変真面目に取り組んでいて、休憩時間も惜しんで集中してプログラミングしてました。そして、思いのほか順調に課題をこなしてしまって用意したネタが尽きてしまうということに・・(汗


最後の本日の振り返りタイムでは、プログラムや仕事に対する質問が活発に飛び交うなどして最後まで活発に賑やかな一日でした。
我々としてもいい経験をさせていただきました。フレッシュなパワーをたっぷりともらいました。
この日きてくれた生徒さん達が、将来IT業界で活躍してくれることを期待しておりますっ

2010年07月07日

[北海道] サッポロファクトリーホールで骨董市やってるよ

札幌

昨日、今日とサッポロファクトリーホールで第7回北海道アンティーク骨董ジャンボリーを開催しているみたいです。

日時:2010年7月6日(火)10:00〜20:00
           7日(水)10:00〜17:00

場所:サッポロファクトリーホール
入場:無料
主催:北海道アンティーク骨董ジャンボリー実行委員会

骨董、アンティーク、レトロ生活雑貨、古布、着物、時計、家具、
ガラス工芸品、民具、おもちゃ、古銭など和洋のお宝が満載です。
参加店一同、皆様のご来場をお待ちしております。

とのことですよ!

お昼ごはんのついでにちょっとのぞいてきました☆
興味深い品々がどどーんとありまして、買い物心をくすぐる感じでしたー


今日の17時まで開催のようですので、アンティークファンの方がいらっしゃいましたら忘れないうちに足を運んでみてはいかがでしょーか。

2010年07月14日

[食とか酒とか] 帯広の有機な葉物野菜を食べてみた!

ビタミン菜 小松菜 白菜 有機王国で始めるオトコ料理

こんにちは。グルメ男子の紀國です。
そろそろ野菜の美味しい季節となりまして、有機王国でも野菜の販売を開始するべく絶賛準備中であります。

IMG_2813

さて、有機王国は今年は葉物な野菜も販売するべく、各地の農家さんにご協力をお願いしている最中でありますが、グルメ男子としては特権濫用で出品予定の野菜をいち早く食してみましたのでレポートいたします!


今回は小松菜やしろ菜、ビタミン菜を食べてみました。
しろ菜やビタミン菜はちょっと見慣れない野菜かもしれませんが、わりとカンタンにオトコ料理することができます。

野菜の見た目
IMG_2808

ちょっとしおらしげ。スーパーで売っているようなパリッ!とした感じはないですな。クールで送ってもらっていますが、ちょっとしおしおしている感じ。

IMG_2810

そして、ちらほら虫食い。でもこれは農薬を使っていない証拠ですな。安心安心。

IMG_2812

上から、ビタミン菜、しろ菜、小松菜と思われます。
水洗いしてみると思いのほかしゃっきりしてますな。


作ってみた

しろ菜の辛し和え
IMG_2815

〜作り方〜
1. しろ菜をざっくりと水で洗う。
2. それを1分ほど塩ゆでする。
3. 塩ゆで終了したら冷水でよくすすいでギュゥと絞る。
3. ねり辛子と味ぽんで溶いておいたものと合える
4. すると、美味しい。


白菜と菜の花の中間みたいな味わいで瑞々しくて美味しいです。
野菜自体の味が力強いので多少水っぽくなっても美味しくいただけます。

はもの野菜とエリンギの中華風炒め
IMG_2817

〜作り方〜
1. いろいろな葉物をざっくりと切っておく。
2. エリンギを短冊(って言うのか?)に切っておく。
3. フライパンに油を引いてエリンギを軽く炒める。
3. エリンギがしんなりしてきたら葉物の茎部分を投入
4. いい感じに塩コショウする。
5. 全体に油がなじんできたら、葉っぱ部分を入れて、すかさず鶏がらスープを入れてみる。
6. 20〜30秒フライパンに蓋してみる。
7. 強火にしてフライパンをオトコっぽくフライパンを振ってみる。
8. 鍋肌からごま油をちょびっとだけたらしてみる。
9. 完成。


大事なことなので二度言いますが、野菜自体の味がとっても豊かです。
しっかりと優しい甘さが感じられて大変美味しいです。
なので炒めものをする際にも油や味付けは少なめにした方がいいかもしれません。
茎は力強い硬さを感じますが、決して繊維質ではなく、いい感じの食感でした。


そんなわけで、葉物野菜はとりあえず茹でたり炒めたりするだけで美味しいよ、というオトコ料理の初級編でございました〜。

2010年07月15日

[食とか酒とか] コールラビと鶏とエリンギの炒めもの

コールラビ 有機王国で始めるオトコ料理

こんにちは。野菜男子の紀國です。
今日も有機王国で販売予定の野菜を美味しく作ってみましたよ。

IMG_2837

普段あまりスーパーでは見かけない野菜ですが、コールラビという野菜が、野菜詰め合わせセットに入っていましたので食べてみました。

キャベツの仲間ということですが、見た目には全然そうは見えません。
IMG_2835
ちょっと飲み会が続いたせいで野菜届いてからしばらく放置してしまったので若干黒くなってきちゃってます・・・もっと新鮮なうちに料理できればよかった。

というわけで、早速料理してみます。

包丁で皮をテキトーチョップに剥いて、コールラビを半月切りにします。どこからどこまでが皮なのかよくわかりませんが、柔軟に対応しましょう。皮は硬いけど。

IMG_2836

あとは適当に炒めてみますか。
・冷蔵庫から適当に肉を見つけてくる。(この日は鶏むねがありました)
・冷蔵庫から適当にキノコ的なもの見つけてくる。(この日はエリンギがありました)
・その他、適当に見つけてくる。(この日は自宅の畑からスナップエンドウを収穫してきました)
・フライパンにオリーブオイルをひく
・材料を適当に炒める。
・ハーブソルトとか黒胡椒とかで味付けする。
・いい感じに火が通ってきたら、ワインビネガーをちょっとたらして、フライパンに蓋をしてちょっと蒸す。
・すると出来上がり!

IMG_2838


実は紀國、コールラビを食べたことがありませんっ。見た目はなんだかカブとか大根のように見えるのですが、食べるとどんな感じなんでしょうーか!?
と、おそるおそる食べてみると、
 
ウマイ!
 
なんだか食感や味はブロッコリーの茎、あるいはキャベツの芯みたいな感じでした。
しっかりとした食感に若々しい甘さ。色に例えるとライトグリーン。
最後に蒸したおかげでいい感じにしあがったと思います。

今回はいきなり炒めましたが、軽く湯通ししてから炒めた方が無難かもしれません。
スープの具とかにつかってもいいかもしれませんね。


というわけで、硬そうなモノは蒸すなどして柔らかくするとおいしいぞ、というオトコ料理初級編でございました!

2010年07月16日

[食とか酒とか] 鶏肉とチンゲン菜の中華風

チンゲン菜 有機王国で始めるオトコ料理

こんにちは。野菜男子の紀國です。
またしても帯広の有機野菜を美味しくいただきましたのでレポートいたします。

IMG_2844

先日のエントリーとはまた別の農家さんからサンプルをいただきましたので早速食べてみました。野菜詰め合わせセットはぎっしりたっぷりだったので他の社員とシェアしながら。

IMG_2842

僕がいただいた分け前は、チンゲン菜、小松菜、ラディッシュ、トマト、絹さや、あとなんか小さい大根かカブみたいなの、でした。
色とりどりの野菜たちがなんとも美味しそうです。

鶏肉とチンゲン菜の中華風
IMG_2845
チンゲン菜は中華風に。
1. チンゲン菜はざっくりと切っておく。
2. 鶏ももはごろんごろんと切っておく。
3. フライパンで鶏ももをいい感じに炒める。
4. 塩コショウとかで味付けする。
5. 鶏ももに中くらいまで火が通ったら、チンゲン菜の茎部分を加えて、茎がややしんなりするまで炒める。
6. 鶏がらスープ投入!
7. すかさずチンゲン菜の葉っぱ部分投入。

〜途中経過〜
IMG_2843

8. 蓋してちょっとだけ蒸した後に、水溶き片栗粉を全体に。フライパン2周するくらい。
9. 強火でぎゅるぎゅるかき回して完成!
10. あれ?どこかでごま油を使った気がするけど忘れちゃったな・・


出来立てを食べてみると、チンゲン菜の歯ごたえが素晴らしいです。
シャキシャキとみずみずしくてセロリみたい!と思いました。

有機王国では近日中にこれら有機野菜の詰め合わせセットの販売を開始します。送料込みで2,000円セットと3,000円セットとをご用意していますので、旬の有機野菜を食べたい方は楽しみにしてくださいね☆


写真にはラディッシュを塩麹さんで和えたのとか、小松菜のナムルとか写ってますけど、それらについても後日レポートしまーす☆

2010年07月28日

[食とか酒とか] 有機なズッキーニ竜田風のトマトソースかけ

ズッキーニ 有機王国で始めるオトコ料理

こんにちは。野菜男子の紀國です。
またしても有機なお野菜を美味しくいただきましたのでレシピとともにそのお味をレポートいたしますっ

IMG_2902

先日有機王国で注文した道下さんの野菜詰め合わせ2,100円が会社に届きました。

ダンボールを開けてみると、たくさんの野菜がぎっしり!

ほうれん草、チンゲン菜、青しそ、小ネギ、きゅうり、ブロッコリー、レタス(S)、ミニ白菜、さやえんどう、ズッキーニ、新じゃが(メークイン)(S)、エンサイ、モロヘイヤ、ひまわりズッキーニ、コスレタスが入ってました!これだけ入って送料込みで2,100円というのはなかなか悪くないですな。

そんなわけでたくさんの野菜が手に入りましたので、早速ズッキーニ小ネギを使ってオトコ料理してみました。

ズッキーニの竜田風のトマトソースかけ

【材料】
・有機なズッキーニ
・有機な小ネギ
・普通のトマト
・片栗粉
・ハーブソルト
・オリーブ油
・料理酒(本当は白ワインが欲しかった)
・ワインビネガー

IMG_2888
道下さんのところのズッキーニ。やや小ぶりですが、ぱりっと立派な感じです。こいつを、、、

IMG_2889
輪切りにします。そして、、

IMG_2891 IMG_2894
軽くハーブソルト振って、片栗粉まぶします。
なぜ、片栗粉を使うのか。それはその時の気分だったからですが、もしかしたらきちんとした理由があるのかもしれません。

IMG_2896
フライパンにオリーブ油をやや多めにひいて、ガシガシと炒めます。揚げると炒めるの中間な感じがポイントです。

IMG_2897
いい感じに火が通ったら一度火からおろします。


〜ここからソース〜

IMG_2890 IMG_2899
ネギとトマト切ります。

IMG_2901
フライパンにオリーブ油ひいて、トマトを炒めます。
ちょっと火が通ったら、酒入れます。分量?そんなものはフライパンにぐるりと一周程度でいいんじゃないすか?
ぐつぐついってきたら、塩コショウとかハーブソルトとかバジルとかで味整えて、
小ネギ投入
小ネギにちょっと熱が入ったところでワインビネガーをちょびっとたらして、ズッキーニにどろりとかけると、、、

完成!
IMG_2903

ズッキーニはまともに炒めるとめちゃめちゃ油を吸ってカロリーが気になりますし、せっかくの新鮮な野菜が油でペタペタになってしまうと残念な感じですが、片栗粉まぶして炒めると片栗粉な衣が油を吸ってくれて、ズッキーニには軽く火が通っただけでシャキシャキとみずみずしい食感が楽しめます。
道下さんのズッキーニは本当にみずみずしくて甘いので、ぜひとも食感を損なわない調理方法を試していただきたいところです。

あっさりと野菜本来の甘みを残したズッキーニに濃厚なトマトソースがベストマッチ。さらに小ネギがアクセントとなって大変美味でございました。
自分の料理を美味しいと連発するのもどうかと思いますが、料理じゃなくて、素材が素晴らしいのです。


そんなわけで、今日のオトコ料理のポイントは、気まぐれに片栗粉使ってみると美味しい時もあるよ!でした☆

2010年07月29日

[食とか酒とか] 有機なエンサイのピリ辛アジア風炒め

エンサイ 空心菜 有機王国で始めるオトコ料理

こんにちは。アジア男子の紀國です。
今日もゴキゲンな有機野菜をご紹介たてまつります☆

IMG_2917

先日届いた道下さんの野菜詰め合わせエンサイというものがはいっていたのでコイツをオトコ料理してやったぜ。


でも、エンサイってなんですか?どこからどう見ても空心菜にしか見えないのですが、、
IMG_2909 IMG_2911 IMG_2912

と、思って、さっきググってみたら(食べる前にググレよ)、エンサイと空心菜は同じもののようですね。
同じものを指し示す名前が複数あって、商標だのなんだので名前が使えるとか使えないとかいろいろ面倒くさい感じですな。

とまぁ、そんなわけで、空心菜的な見た目だったので(というかそのものだったワケですが)、ちょっとアジアンテイストな感じにオトコ料理してみました☆

エンサイのピリ辛アジア風炒め

【材料】
・有機なエンサイ
・干しえび
・鷹の爪
・ごま油
・ナンプラー


1. 干しえびはぬるま湯で20分ほど戻しておきます。

2. 有機なエンサイを適当チョップに切ります。
IMG_2913

3. フライパンにごま油をひいて、輪切りにした鷹の爪、戻した干しえびを香りがでるくらい炒めます。
IMG_2915

4. いい感じになってきたら、有機なエンサイを加えてじゃっじゃっじゃっと炒めます。
IMG_2916

5. ナンプラーを加えて味付けして、最後に干しエビの戻し汁を気持ち加えます。すると、、、、




完成!
IMG_2919




エンサイのシャキシャキ感に干しエビの甘さが絡んで、そこに鷹の爪がピリリと効いていい感じです。ナンプラーで味付けすることで一気にエスニックなお味が楽しめます。
油炒めでペロリと食べらさりますので、夏バテ予防にいかがでしょーか。


そんなわけで今日のオトコ料理のポイントは、ナンプラーは油断するとすごくしょっぱいので気をつけよう☆でした!