« 2006年06月 | メイン | 2006年10月 »

2006年07月17日

サッポロビール園


Sapporo Beer Garden
Originally uploaded by sato.antas.
サッポロビール園ってもう7,8年は行ってなかったんだけど、Arioが出来てビール園も変わったみたいなんで行ってみた。総合案内で外で食べられるところは?と聞くと、屋外は5時からだというので、Arioでちょっと買い物をしてから行ってみる。

夏場の休日くらい、もっと早い時間から外でやればいいと思うんだけどなあ。いかがでしょう?屋内のビアホールも相当な収容力があるからスタッフの配置とか大変なんですかね?

昔からサッポロビール園と言えばあのラムスライスをジンギスカン鍋で食べるってイメージだったけど、この会場では「網焼きもみラムジンギスカン」という、たれに漬け込んだ生ラムを炭火焼で食べることができ、おいしかったです。でも高い。アコースティックライブをやっていたのでまあ許してあげよう。

今度は、この横にある「美遊菜の湯(びゅうなのゆ)」」というお風呂に行ってみよう。

アリオ札幌 & 札幌ガーデンパーク

2006年07月13日

EMCによるRSA買収について

少し前になるがEMCがRSAを21億ドルで買収とのニュースが流れた。

えぇ〜、まさか暗号セキュリティの雄のRSAがなぜ?しかも、ストレージベンダーのEMCに?

VeritasとSymantecの合併以来の謎とも言われているようだけど、まあちょっと考えてみれば確かにEMCにとっては暗号技術をもってハイエンドストレージベンダーの地位を確保できるのには納得できるし、VeritasがSymantecの技術が欲しかったことにも納得。

SaaS(Software As A Service)モデルが主流になれば、ユーザは今まで手元にあったデータをインターネット上のサービス会社に預けることになる。こうなると、データを預かる立場の会社に対してより信頼を求めることになろう。

データベースもファイルシステムも本来データを見ることができるのはそれに対するアクセス権限を持つユーザに限定されるべきものであって、システム管理者やデータベース管理者はデータの中身にアクセスできてはいけないのである。

現在、セキュリティや情報保護に関する社内監査基準が重要になってきているけど、本質的には技術的に対応しなくてはならない。そのための暗号化です。

となると、当然Oracleなんかもセキュリティ関連会社に触手を伸ばしてるんだよね?あまりwatchしてないけど。

結局、Verital+Symantec+EMC+RSA+Oracleが一緒になっちゃうってのが、ハイエンドユーザの求める重厚長大ミドルウェアなのかも知れません。

2006年07月11日

手羽先の食べ方


Yamachan Uchiwa
Originally uploaded by sato.antas.
昨夜はBS会議参加の学生さんを連れて食事に行こうということで結局、アンタス札幌本社の近くにオープンした世界の山ちゃん札幌中央店へ。

いやあ、札幌でも増殖してます、世界の山ちゃん。すでに札幌5店舗目。まさか会社のこんな近くで名古屋味が食べられるようになるとは思ってませんでした。

話のネタに一度行ってみては?

しかも、アンタス名古屋事務所も、本丸まで30秒という立地。

アンタスのオフィス立地環境は、山ちゃんファンには最適!?

でも、個人的には、風来坊の手羽先の方が好きなんだけど(笑)。

 ・山ちゃんによる手羽先の食べ方

 ・風来坊による手羽先の食べ方

食べ方はやまちゃんの奴の方が簡単でいいね。
続きを読む "手羽先の食べ方"

2006年07月04日

ノルベサ屋上にてbeer



Norbesa
Originally uploaded by sato.antas.
週末なんとなくNorbesaに入ってみた。といっても観覧車に乗ったわけじゃなくて、屋上のビアガーデンでボケッと観覧車を眺めながらビールを飲んだ。

こいつは七色に輝く電飾がプログラムされていて、光が渦を巻いてグルグル回ったり芸が細かい。

なんとなく大輪の花火を見上げている気分になった。

ノルベサ