2006年05月18日

auでgoogle - ケータイキャリアポータルのオープン化

auのEZwebトップメニューにGoogle検索が入ることになったとの発表がありました。

EZweb公式サイトはもちろん、勝手サイトやPCサイトも検索対象になるといいます。PCサイトビューアの普及とあわせてケータイのWEBとPCのWEBの垣根が低くなるでしょう。

でも、それよりも重要なことは、今まで公式サイトの審査を厳しくして公式サイトの質を高め、できるだけ勝手サイトにトラフィックを流さないようにコントロールしてきたケータイキャリアの態度が変わったということだと思います。

先日、ソフトバンクがボーダフォンを買収する際に揚げた目玉は、Yahoo!(ヤフー)がケータイポータルとなりコンテンツを提供するというものでした。ソフトバンクはインターネット側からケータイに踏み込んだわけだから、従来のケータイキャリアのモデルをぶち壊したかった。これが、au(KDDI)がgoogleとの提携に拍車をかけたのでしょう。

ソフトバンク+ヤフー連合、au+google連合を迎え撃つNTTドコモもi-modeにgooとの検索エンジンを取り込むことになるでしょうか?あれ?でも、gooの検索エンジンってgoogleのOEMじゃなかったっけ?やっぱ、ケータイの世界でもYahoo!対googleかよぉぉぉ?

auは検索連動のgoogle AdWordsも使うということだそうです。ああ...、auの端末すべてがgoogle自動販売機に変わっていく...。本当にgoogleは素晴らしい世界を作り上げています(笑)。

かつて、パソコン通信が主流だったときユーザはNiftyServeに入るかPC-VANに入るかみたいな選択を迫られ、完全に通信業者=コンテンツプロバイダーという世界に囲い込まれていました。インターネットへのシフトが進むにつれ、NiftyServeは@niftyに、PC-VANはBIGLOBEとして、ISP+コンテンツポータルの機能を果たすようになりましたが、実質、通信の足回りとコンテンツポータルの分離を余儀なくされ、ユーザはリーズナブルなISPを選び、ISPは素通りして、楽天やYahoo!に行くということになりました。

そして、ケータイの世界もまさに今その変換点に差し掛かったということではないでしょうか?

ケータイユーザは検索エンジンというものに慣れていないから、そんなに急激に世界は変わらないと思いますけど、ケータイ端末からのトラフィックの流れは徐々に変わっていきます