2008年06月12日

ドライビングビューで仁木町まで仮想ドライブ

 最近、ビューサーチ北海道の機能が増えたようです。今までは3Dや2Dの写真からしか観光地や周辺の写真情報を探せなかったのですが、今度は地図上から周辺の写真を探せるようになったようです。ちょうど北海道はフルーツ狩りの季節が始まったところですので、フルーツ狩りといえば札幌近郊(?)の仁木町。仁木町周辺で「周辺写真」を調べてみました。

 http://www.view-hokkaido.jp/?id=100007356

 やはり仁木町周辺はブドウやブルーベリー、リンゴの写真が多いですね。フルーツ街道の写真もあります。このブルーベリーの写真はどこなんでしょうね?

 http://www.view-hokkaido.jp/?id=100002353

 私の知る限り、フルーツ街道を少し小樽方面へ戻ったところにある「ブルーベリーの丘くりはら」さんは知っていたのですが、仁木町にもブルーベリー狩りが楽しめるところが色々あるんですね。ひょっとすると新藤農園さん?

 札幌から仁木町まで「撮影地までドライブ」を試してみると、このルートの特徴をとらえた写真が流れて想像以上にいい感じです。札幌の街並みを抜けて古い建物と港町の小樽へ・・・そしてフルーツ街道、ニッカウィスキーの工場、リンゴやブドウ、サクランボの木。このルートは数えきれないほど往復しましたが、ほんとにこんな風景ですよね。季節を変えてリプレイできるのもおもしろい。やっぱり北海道の冬は白いことを再認識。

2008年06月04日

ビューサーチ北海道にサミット版が登場!

 ふと気がついたらもう6月。北海道洞爺湖サミットまであと1ヶ月ですね。ビューサーチ北海道にもサミット版が登場したようです。

 HOKKAIDO Toyako Summit - http://www.view-hokkaido.jp/summit/

 このWEBサイトはAjaxを中心とした、いわゆるリッチクライアント・インターフェースなWEBアプリケーションの作りになっていますね。このようなリッチクライアント・インターフェースなWEBアプリケーションは従来のページ遷移なWEBアプリケーションと違って、高い操作性や表現力を実現できます。加えて少し開発サイドの目線で見ると、ビジネスロジックやモデル部分とビューがWEBサービスAPIを介して独立した構造になるので、このビューサーチ北海道のように派生サイトが安全、且つ簡単に作れるというメリットがあります。

 私も時代の流れかここ数年、ページ遷移型のWEBアプリケーションよりもリッチクライアント・インターフェースなWEBアプリケーションを作る機会が多くなってきました。最近ではJavaScriptだけではなく、Adobe FlexやMicrosoft Silverlightなど様々な手段がありますね。私は今までJavaScriptベースを中心に開発してきたのですが、Adobe Flexをはじめ、Flashベースの実現方法をうまく組み入れていく必要性を感じている今日この頃です。

2008年02月14日

浦臼町のエゾリス

 仕事中にビューサーチ北海道をなんとなく眺めていると、エゾリスを発見。北海道では森の中でエゾリスやシマリスに遭遇することもあるのですが、ペットショップで見かけるシマリスに比べてひと回りかふた回り大きいエゾリスが私はお気に入りです。昔、野幌原生林の端っこにある大学のキャンパスでエゾリスを見かけたとき、かなりテンション↑った記憶があります。「北の国から」よりも「ムツゴロウ王国」派のワタシ。

 http://www.view-hokkaido.jp/?id=100003966

 でこの写真の撮影地を見てみると、浦臼町。お!これは鶴沼ワイナリーの浦臼町ではないですかぁ!撮影地情報を開いて「周辺の写真」を見てみると、カタクリとエゾエンゴサクの写真が多いですね。そう、確かR275から少し入った浦臼神社には花の群生地があるって教えてもらったことがあります。それはカタクリとエゾエンゴサクみたいですね。撮影時期を見ると4月〜5月。周辺写真にはエゾフクロウ(http://www.view-hokkaido.jp/?id=100011534)の写真もあるので、この4月は浦臼神社に行ってみよー。

 もちろん鶴沼ワイナリーの直売所でワイン買って帰ろー。(^^♪