フェルドマンさんはペラッペラ

 遅ればせながら、最近、DVD+HDDレコーダーを買いました。子供の頃と違って「絶対、この番組を見たい!」という欲望がなくなり、大学の一人暮らし以降、今日までビデオレコーダーとは無縁の生活を送ってきました。が、家族の強い反発により、このたび現代人に一歩近づいた次第です。
 さてこのDVD+HDDレコーダー。薄型テレビやデジタル放送、フルハイビジョン、HD DVD/ブルーレイへの移行時期だけに、どのレコーダーを選ぶのかなかなか難しいものです。デジタルチューナーやハイビジョンに対応した将来型のレコーダーか、アナログチューナーの2011年時限爆弾型(2011年放送終了シール型)か。ウチはまだ平面ブラウン管&アナログ放送のテレビ買い替え予備軍なので、そのどちらも選択肢にあがるのですが、やはりHD DVD/ブルーレイの問題があるのでここはあまり頑張らない程度に抑えたいものです。それとソフトウェア開発に携わる者として、これらの家電をパソコンで肩代りしても良い時代ではないか?という選択肢もあります。ホームサーバーというものです。しかし家電とパソコンではまだ少し異種互換に難がありそうなので、今回は断念。ということで結局、パイオニアの2011年時限爆弾型 DVD+HDDレコーダーを購入しました。

 このレコーダー、HDDに音楽ファイルも保存でき、デジタルオーディオプレーヤーとしても楽しめるんです。これって今どき当然の機能だと思っていたのですが、このラインナップではパイオニアの機種しか備わっていないんですね。この機能はかなり便利です。
 そんなこんなでHDDレコーダー生活をはじめてみて(DVDは使っていない…)何が変わったかというと、WBS(ワールドビジネスサテライト)が毎日、欠かさず見れるということ。午後11時までに家に帰れなくても全く問題なし。いつでもちょっとした空き時間に続きを見れるので、土曜版まで見てしまっています。で改めて思うのですが、モルガン・スタンレー証券のロバート・フェルドマンさんは、日本語ペラッペラ過ぎです。