« Velocity 2009(2) | メイン | Ruby + GDB »

インターンシップ受け入れ

7/2に手稲高校の2年生4人のインターンシップを受け入れました。

当日はProcessingで四角を塗りつぶすところから始めて、
プリミティブなゴルフゲーの弾を出すだけのようなプログラムを作ってもらいました。

何故ゴルフゲーかというと、簡単な物理の数値シミュレーションを体感してもらいたかったためです。
重力加速度と空気抵抗のパラメータを変えると反重力になるとか、すごい勢いで物が落ちていくとかを
色々試してもらいました。


ball.png
http://www.openprocessing.org/visuals/?visualID=3128

時間が足りなかったため、
↑の打ち出し機は実際には固定になってしまいました。

来年があったらハードウェアにしますかねー。
AVRとか。
(こっそり最近ICE買ったので。。)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://antas.jp/mtsys/mt-tb.cgi/745

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)